静岡県住みたい『家』

昨年、事例物件見学会を開催した建物が

本日発売の、静岡新聞社発行
静岡県住みたい『家』 Casa bella 2008 春・夏号
に掲載されました。
c0115538_1258993.jpg

森林ボランティア団体「三島フォレストクラブ」の活動で、
箱根山の間伐作業をされており、
「間伐で伐り倒している木材を利用して家を建てたい」
と考えていたお施主様が、しずおかMOKUネットの勉強会に
参加されたのがきっかけでした。

又、私のところ(フジモク)で施工させていただいたOB様が
同じ団体の方だったりというご縁で、お話しをいただきました。

施工の前年である一昨年のGWに箱根山を視察し、
地元の林業家川井さんと引き合わせていただきました。
その年の伐採シーズンの12月19日(新月)にお施主様自ら
大黒柱にするヒノキを伐採、翌春から原木を川井林業さんより
富士ひのき加工協同組合に入れて製材、乾燥後、加工。
5月着工で11月下旬に竣工という2年越しの事業でした。

詳しくは、本誌の97~98ページをご覧ください。

今井さんとこ(駿河工房)の建物も掲載されていますね。

詳しくは、本誌の71~72ページをご覧ください。

それに伴って、<インターネット版>がオープンしましたので、よろしかったたご覧ください。

地元の木で造る「地産地消」の家

シンプルであたたかい、毎日が気持ちよい家



静岡県産富士ひのきでつくる木の家、富士木材
フジモクスタッフのブログ
富士ひのきと漆喰の家「和ら木
[PR]
by MOKU-net | 2008-03-25 13:09
<< チルチンびと別冊「東海で建てる... 視察研修会 >>