7月定例会(勉強会&交流会)報告

先日(7/29)、7月定例会が開催されました。

前半は、「ふじのくにNPO活動センター・パレット」を会場に、勉強会。

今回は、平成20年12月に公布され、平成21年6月4日に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に関わる国産材利用の動向を中心に、これからの家づくりについて、

2008年からスタートした「長期優良住宅先導的モデル事業」に取り組む駿河工房(株)の今井社長から講義を受けました。

"国産材"という文字が明記された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」。

それに伴い「長期優良住宅先導モデル事業」に採択された多くが"国産材"の利用が盛り込まれれ、"国産材"の需要へ追い風となっています。

先導モデルのひとつである「全国中小建築工事事業団体連合会(全建連)」の「地域木造優良(ちきゆう)住宅国産材モデル」は、「構造材およびは柄材に国産材を100%使用すること」としており、この全件連型での国産材供給の流れなどレクチャーを受けました。
c0115538_2234752.jpg

後半は、「駿河ダイニング・伽音」を会場に、交流会。

MOKUネットメンバーの近況報告を中心に情報交換。

その中から、今後の活動計画も打合せ。
c0115538_2241523.jpg

今後の活動に際しては、事前にご案内いたしますので、メンバー以外の方もお気軽にお問い合わせ下さい。

今後の活動予定・・・

長期優良住宅の見学会
富士山麓の森林の視察会
井川地区の森林の視察会

川口
[PR]
by MOKU-net | 2009-08-02 02:26 | 集まり
<< 11月定例会報告~木造ドミノへ... あけましておめでとうございます。 >>