「間伐体験」しませんか?

今春(3/15)行われた「間伐祭り」で、実際に自分の手で間伐するという体験をしました。
その報告は、「フジモクスタッフのブログ」にもあります。

その「間伐祭り」が、今週の日曜日(11/30)に開催されます。
場所は前回と同様、富士宮市麓(朝霧高原)「ふもとっぱら」、東京農業大学富士農場。

今回のサブタイトルは、「木を伐ることは悪いことではない!」と題して、座学、間伐体験と集材システムの実演など・・・盛りだくさんです。

座学には、「しずおかMOKUネット」も参画します。

興味のある方はどなたでも気軽に参加できます。
木の家を建てるのは、木を育て、木材として伐り出すところから始まります。
なので、木の家を検討している方には、是非、体験していただきたいところです。

日時は、11月30日(日)の午前10時~午後3時
場所は、富士宮市麓(朝霧高原)ということで、
富士木材(株)本社駐車場に8時半集合、乗り合わせて現地に向かいたいと思います。


参加希望の方は、富士木材(株)川口祐介までご連絡ください。
メールは、yusuke@ipac-fujimoku.co.jp
会社0545-63-0123又は、携帯090-3562-9092です。

尚、山を歩ける服装と軍手、昼食は各自持参してください。
ひょっとしたら、前回と同様に「豚汁」が振る舞われるかも・・・(笑)。

c0115538_2032040.jpg

【開催要項】

「間伐祭り-木を伐ることは悪いことではない!-」

日程 : 2008年11月30日(日曜日) 10:00~15:00
場所 : 東京農業大学富士農場(静岡県富士宮市麓、朝霧高原)
主催 : NPO法人富士森林施業技術研究所
協力 : 静岡県富士農林事務所
特別講演 : 「木材の有効活用のススメ」 富士森林施業技術研究所理事片平成行氏
        「木材の家づくりへの活用」 しずおかMOKUネット

森林環境税を活用した森づくりが進められている静岡県。
この森の力再生事業の現場で今、求められる森林管理方法とは?
「一斉、同齢、単純」なヒノキの人工林に光を入れ、「不斉、異齢、多様」な森林づくりを目指します。
魚骨状間伐や群状間伐にチャレンジします!
その他、集材システムについても多彩な方法を実演します。
[PR]
by MOKU-net | 2008-11-26 20:12 | イベント
<< MOKUネット勉強会~「間伐体験」 KIZUKI >>